WEB予約アイコンWEB予約

0725-56-6075

アクセスアイコン〒594-1153 大阪府和泉市青葉台2-24-23

一般歯科

一般歯科|北坂歯科・矯正歯科クリニック|和泉市にある歯医者

こんなお悩みありませんか?

むし歯とは

  • 歯がズキズキ痛むことがある
  • 歯の表面が黒ずんでいる箇所がある
  • 冷たいものが歯にしみる時がある
  • 熱いものが歯にしみる時がある
  • 歯の表面に穴が空いている
  • 食べ物が歯によく詰まるようになった
  • 歯医者に一年以上行っていない

むし歯とは

むし歯は、口の中に潜む細菌(ミュータンス菌)が作る酸によって歯を溶かし、脆くなり、最終的に穴が開いてしまう病気のことを言います。歯周病と同じく重症化するまでに自覚症状が少ないため、普段の生活では気づきにくいです。しかし、早期発見することが出来れば状態にもよりますが、歯に穴が開きむし歯が出来る前の状態に戻すことが出来ます。

むし歯の原因

むし歯は、以下の3つの要素が重なりむし歯を引き起こします。

細菌(ミュータンス菌)

細菌(ミュータンス菌)

口の中に潜む細菌(ミュータンス菌)は増殖すると歯垢となり歯の表面に付着し食べ物などにより摂取した糖分から酸を作ります。
細菌によって作り出された酸が、リンやカルシウムといった歯の成分を溶かし、歯を脆くさせます。

糖分

糖分

日常生活で口にする糖分(食べ物や飲み物)は、口の中に潜む細菌が酸を作る材料になります。
甘いお菓子を好んでよく食べる方や間食する習慣のある方は歯の表面に増殖した酸が付着する時間が長いためむし歯になる可能性を高めます。

歯質

歯質

環境や遺伝の違いで個人差はありますが、エナメル質や象牙質の状態によってむし歯になりやすい傾向にある方もいます。
健康で丈夫な歯を育てるためにカルシウムやタンパク質、ビタミン、リン等の栄養素が必要になるためバランスの取れた食事を心がけましょう。

むし歯の症状/治療内容

初期のむし歯

C0初期のむし歯

C0の症状

表面のエナメル質だけが侵されており穴は開いておらず痛みも無いため自覚症状がほとんどありません。歯の色が少し白く濁ります。

C0の治療方法

  • 生活習慣の改善
  • ブラッシング指導

適切なブラッシングやフッ素塗布を行い進行を阻止します。

エナメル質に小さな穴が開いたむし歯

C1エナメル質に小さな穴が開いたむし歯

C1の症状

歯の表面のエナメル質が侵されており小さな穴が空いた状態です。
冷たいものがしみることがあるため自覚症状はありますが痛みはまだないためご自身でむし歯がどうか判断がしづらいです。
この状態の場合、早期発見し早期治療を受けることが出来れば歯を削る量を最小限に抑えることができ治すことができます。

C1の治療方法

むし歯に侵された箇所のみを最小限削り、保険適用となる白い歯科用プラスチックを詰めて治療していきます。

歯の内部まで進行したむし歯

C2歯の内部まで進行したむし歯

C2の症状

むし歯がエナメル質の内側にある象牙質まで到達した状態です。
冷たいものがしみたり痛みを感じるといった自覚症状が出てきます。
この段階から症状の進行が早くなるため早期治療が重要になります。

C2の治療方法

むし歯の範囲次第ですが、侵された箇所を削り取り、詰め物や被せ物にて修復する治療を行います。

神経まで進行したむし歯

C3神経まで進行したむし歯

C3の症状

むし歯が歯の神経(歯髄)まで到達した状態です。むし歯がかなり進行しており激しい痛みを感じるようになります。

C3の治療方法

神経を取り除き、根管の中を洗浄・消毒をする根管治療を行います。その後、根管の中を綺麗に清掃できたら薬を詰めて土台を立て、被せ物をします。

歯の根(歯質)が失われた歯

C4歯の根(歯質)が失われた歯

C4の症状

細菌(ミュータンス菌)により歯の大部分は溶けて崩れ、歯根までむし歯に侵された状態です。
神経が壊死しているため激しい痛みは収まりますが、放置し歯根部に膿が溜まると痛みが再発します。

C4の治療方法

ほとんどの場合、抜歯が必要となります。
抜歯後、歯の機能回復を図るため、ブリッジや入れ歯、インプラントなどのご提案を患者様のご要望をお伺いしながらさせていただき、納得の上治療を進めます。

むし歯治療のよくある質問

どうしてむし歯ができるのですか?
口の中には常在菌と呼ばれる菌がいます。その中には糖分を摂取し酸を生成する種類の菌がいます。その酸によって歯が溶けることがむし歯の原因となります。
治療は痛いですか?
痛みが出そうな処置をする場合には事前に麻酔を使用します。また、なるべく痛みがないように処置を行いますのでご安心ください。
治療はどのくらいの期間かかりますか?
症状にもよりますが、一般的にはむし歯1本に対して1~2回来院していただくことを目安としております。